HOME>高耐久住宅なら

高耐震性について

重量鉄骨の柱や梁の構造躯体で床もコンクリートで各階施工される為、
耐久性にも優れる「どっしりくん」。外壁に使用するALC板はサイディングに比べて高い耐久性を持ちます。
また、防音性にも優れている為、外部の音が屋内に伝わりにくいのも特徴です。
ALC板の厚さによって、木造同様の通気工法を取り入れているのは、なかけん独自の施工法です。

車通りの多い道に面している土地には、「どっしりくん」が最適。
木造ですと、車が通る度に揺れや騒音を感じることがありますが、
「どっしりくん」は高耐震設計ですので、振動などが伝わりにくくなります。
また、外壁に使用しているALCパネルは高遮音に加え高断熱性能もあります。
熱伝導率は普通の鉄筋コンクリート造に比べ約10倍の数値です。
外部の熱を伝わりにくくしている為、エアコンの冷暖房の効率が良く、
省エネの役割も果たしています。結露防止の特徴もあり、高性能の材料を使用しております。

以下のように考えられている方は「どっしりくん」をおすすめします。

  • 長い年月で建物を建てたい方
  • 火災が心配な方
  • 室内の静かさなどの高性能を求める方

どっしりくんは環境のリーディングカンパニー・中村建設株式会社が提案する重量鉄骨造住宅です