外張り断熱よりも遮熱 遮熱住宅Q&A

注文住宅の建築は静岡県の工務店、なかけんハウジングにお任せください。

静岡県浜松市・建築会社中村建設株式会社の住宅事業部 重量鉄骨から木造まで、総合建設会社だからできる家造りでお応えします

注文住宅 遮熱住宅
遮熱住宅 Q&A

遮熱住宅 Q1高気密・高断熱の家は夏に暑い?

遮熱住宅 高断熱

全館空調システムが必須。
高気密高断熱工法は完全に空気の動きを止める工法です。締め切った家の中では、一酸化炭素中毒事故も起きる程の気密性です。全館空調無しでは(部分空調ではダメ)、奥まった部屋の隅、廊下の隅、トイレなどは逆に温室効果で汗だらだらとなります。

遮熱住宅 Q2外張り断熱でないと壁内結露が心配では?

外張り断熱

地域ごとの工法が大事。
ここ、静岡県遠州地方では室内結露の心配は元々少ないです。実際弊社の今までの改修工事で壁内結露による腐食を見たことはありません。それより外断熱工法で外壁にどれだけ厚い断熱材が取り付けられ、また、案外断熱性能が低いことをご存じですか。


遮熱住宅 Q3冬に逆に寒いのでは?

遮熱住宅 断熱性

冬暖かく、夏涼しいのです。
一般の充填断熱仕様にプラス10kg/m3で100mmグラスウール同等の断熱性能を示すrフォイルを家中貼り巡らす事で、冬の断熱性能は従来仕様の家の2倍になりました。次世代省エネ基準相当となります。冬はとっても暖かいです。


遮熱住宅 Q4省エネ効果はどれくらい?

遮熱住宅 省エネ

春で室温2℃以上。
静岡の家仕様の住まいの室内温度は、5月窓を閉め切った状態で約28℃。一般の住まいでは約30.5℃ですので、約2℃の温度差を観測しました(弊社実測値)。一般住宅に比べ家中が2〜5℃低いとなると、夏の冷房費用の大きな削減になります。

遮熱住宅 省エネ

外張り断熱より遮熱住宅 静岡の家の施工実績